MENU

筋トレの最強の味方!亜鉛のある世界!

「筋トレしてるのに、なかなか効果が感じにくい。」
という方は、ひょっとしたら亜鉛が不足しているのかもしれません。

 

筋トレと亜鉛は、とても重要な関係性があるんです。

 

亜鉛は新しい筋肉を作り出す時に、必要不可欠な成分です。

 

亜鉛の効果には、様々な利点があります。

 

亜鉛は、タンパク質と結合した状態で活躍します。

 

筋トレを行う時に、体内に十分亜鉛の量が溜まっていると、傷ついた筋組織を修復してくれます。
それと同時に、新陳代謝が上手く作用して、筋トレの効果を感じやすくなります。

 

 

逆に、亜鉛が不足するとどうなるのか?

 

体がエネルギーの生成を作りにくくさせて、疲れやすくなっている状態での筋トレは、効果が出ません。

 

亜鉛不足は免疫力も低下させて、体にとっていいことがありません。

 

筋トレに亜鉛が必要な理由を、もっと深堀していきましょう。

 

テストステロンを増やす

テストステロンとは、人の身体を男性的にするホルモンのことです。
筋肉をつけるためには、テストステロンが必要になります。

 

テストステロンの分泌が活発になる = 体内の亜鉛が多い証拠
となるので、亜鉛を摂取することで、テストステロンの分泌をUPさせ、意識しなくても筋肉もUPします。

 

成長ホルモンを促す

テストステロンと同じくらい大事なのが成長ホルモンです。
「成長ホルモンの分泌量を増やしなさい!」
と指示が出た時に、順調に成長ホルモンが分泌させなけば全く意味がありません。

 

テストステロンと成長ホルモンの2つが揃って初めて筋肉がつくのです。
その働きを助けるのが亜鉛というわけです。

 

筋肉の分解を防ぐ

筋肉にはストレスを感じると、糖に分解されてしまう性質があります。
亜鉛不足になり、ストレスを感じやすい人は、いくら筋肉をつけても分解されてしまいます。

 

人はストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
そうすると、分泌されたコルチゾールは筋肉を糖に分解してしまいます。

 

そこで、亜鉛の出番なのです。
亜鉛はコルチゾールの働きを抑える効果があるんです。

 

質の良い睡眠をとりやすくなる

筋肉を成長させるには、睡眠がとても大事な働きをします。
睡眠は自律神経によって、コントロールされていますが、今ストレスを感じる人は多く、すぐに睡眠のリズムが崩れてしまいます。

 

亜鉛は、自律神経を正常に機能させて、睡眠のリズムを整てるのをサポートします。

 

筋トレに亜鉛がどのように必要かが分かったところで、年代別に亜鉛の推奨量と上限量をご紹介します。

 

男性:18〜29歳 推奨量:10 上限量:40
女性:18〜29歳 推奨量:8  上限量:35

 

男性:30〜49歳 推奨量:10 上限量:45
女性:30〜49歳 推奨量:8  上限量:35

 

男性:50〜69歳 推奨量:10 上限量:45
女性:50〜69歳 推奨量:8  上限量:35

 

男性:70歳以上 推奨量:9 上限量:40
女性:70歳以上 推奨量7 上限量35

 

亜鉛には組み合わせ次第で、益々の効果が得られる組み合わせがあります。

 

〇亜鉛 + タンパク質 + ビタミンC

 

亜鉛が吸収されやすく、効果が期待出来る組み合わせです。
筋トレで体を鍛える時や、回復を早めたい時にお薦めします。

 

〇亜鉛 + ビタミンA

 

ビタミンAは亜鉛の吸収を高めて、ビタミンAの仕事をサポートする相乗効果が期待できます。
抗酸化作用も順調に働けるようにして、筋組織の修復に役立ちます。

 

亜鉛は体内では作ることの出来ない物質です。

 

ですから、食品やサプリメントで小まめに摂っていくしか方法がありません。
自分に合ったサプリメント選びが大事です。