MENU

筋トレの最強サプリ、クレアチン!その正体とは?

筋トレの強いアイテムとして選ばれているのがクレアチンです。

 

筋トレしていてもクレアチンを知らない人には、是非、知っておいてほしいサプリメントです。

 

クレアチンとは一体どういうものなのでしょうか?

 

クレアチンは、アミノ酸の一種で、体内で作られています。
リン酸塩と化合して、すぐに利用できるエネルギー源として活躍してくれます。

 

肝臓や腎臓、膵臓で作られているので、およそ95%骨格筋内のものです。
他には、脳や神経細胞にも存在するので、ずーっとエネルギーを作り出している忙しいクレアチンです。

 

クレアチンは、消費されたエネルギーを補い、次にエネルギー源として復活する効果が期待されているので、高強度なトレーニングも出来るようになります。

 

では、クレアチンが1日に使われる量はどれくらいなのでしょうか?

 

体重や筋肉量によっても変わりますが、消費量は1日に2g程度です。
もともと体内で作られている成分ですから、食品(肉、魚)にも含まれているので、不足するということはあまりありません。

 

ですが、運動や筋トレで消費量が多くなった時は、食品のみで必要量を満たすのは厳しいものがあります。
そんな時こそ、クレアチンのサプリメントの摂取をお勧めします。

 

クレアチンから期待できる効果を見て行きましょう。

 

 

筋トレ時のクレアチニンの効果とは?

 

〇運動能力が上がる
クレアチンは筋収縮のエネルギーを供給するため、高強度、反復性の運動に対しては、特に大きな効果を発揮できます。

 

〇筋肥大の促進・除脂肪の体重の増加
クレアチンだけでは、筋肉を作ることは出来ません。
筋トレする時のエネルギ―が効率的に供給される時には、高強度筋トレが実現します。

 

筋肥大を起こすためには、
筋トレ + 十分な栄養補給 + 休養
このサイクルが大事です。

 

筋肥大とは何か?

 

筋肉には筋繊維という細い筋細胞が何千本も束になって出来ています。
この筋繊維が肥大して、体重が増えることを「筋肥大」と呼びます。

 

除脂肪体重とは何か?
体重から体脂肪を除いた重さのこと。
体重 − 体脂肪 = 除脂肪体重

 

〇脳の疲労を軽くする
クレアチンは体だけでなく、脳や神経にも効果を表します。
クレアチンを摂取することによって、すぐに使えるエネルギーを作り出す効果で、脳や神経細胞のエネルギー代謝が円滑になります。

 

クレアチンの効果が分かったところで、肝心なのは、クレアチンの正しい飲み方です。

 

クレアチンは特殊な飲み方が必要なサプリメントです。
体のクレアチンレベルをマックスにする必要性があるため、そうなるように正しい摂取の仕方をしなければなりません。

 

以前は、クレアチンローディングと言って、約5日間、1日20gのクレアチンを摂取する、といった方法が勧められていました。

 

ですが、近年、そんな無茶な量を摂取しなくても、体内のクレアチンレベルをマックスにする方法が見いだされて、そちらの方が勧められています。

 

その正しい飲み方は・・・
1ヵ月間、毎日3〜5gのクレアチンを摂取するだけです。

 

これで1ヵ月後、体内のクレアチンレベルをマックスにすることが出来るんです。

 

そんなクレアチンですが、副作用の心配はないのでしょうか。

 

クレアチンをサプリメントで適量飲むことは、基本的に問題視されていません。
クレアチンは先述しましたように、肉や魚などの食品にも含まれる物質ですし、体内でも合成して作られているわけですから、まず副作用の心配はありません。

 

クレアチンはアスリートも利用していますし、厳しいドーピング検査に引っかかるような成分でもありません。

 

クレアチンはまさに、筋トレのいい相棒として、活躍してくれるサプリメントです。