MENU

筋トレには乳酸がどのように影響するの?

筋トレして筋肉に乳酸がたまり、筋肉が痛い!
動かしにくい!

 

と思っている方も多いかと思います。

 

筋トレと乳酸は切っても切れない、深い関係性があるのです。
乳酸をいかに溜まりにくくするのが、筋トレをする人にとっては、大事なテーマです。

 

では、どうして乳酸が溜まるのが良くないのでしょうか?

 

筋トレをしたら乳酸が溜まる原因から探っていきましょう。

 

乳酸は筋肉が作られる疲労物質です。
ですから、大量に溜まってしまうと、当然、筋肉には悪い影響を与えてしまいます。

 

それは乳酸のPHが関係しています。
因みに、PHというのは、水溶液の性質を表す単位のことです。

 

人間の体は様々な働きや作用によってPHを一定に保つように出来ています。

 

筋肉に乳酸が溜まると、一気に酸性に染まります。
そうすることで、筋肉の細胞レベルの働きが妨害されてしまうのです。

 

正常な乳酸は血流にのって筋肉から肝臓に流れます。
それから分解されます。

 

しかし、乳酸が流されるスピードは無限ではありません。
当然、限界があるのです。

 

肝臓には運ばれるスピード以上に、乳酸が出来る方が早いとなると、乳酸は溜まっていき、筋肉を邪魔します。

 

どうして、筋肉を邪魔する乳酸が作られてしまうのでしょうか?

 

乳酸が作られるのは、筋トレなどの無酸素運動の時です。
運動するにはもちろんエネルギーを多く必要としますよね。

 

この時のエネルギーとは、ATP(アデノシン三リン酸)という物質ですが、人間の体はあらゆる経路でこのATPを作り出すことが可能なのです。

 

筋トレなどの無酸素運動の時は、筋肉の中にあるグルコースからATPを作り出しています。
作り出していく過程の中で、余分になった物質が乳酸となります。

 

じゃあ、乳酸を出しにくくするにはどういう方法があるのでしょうか?

 

乳酸は筋トレなどの無酸素運動の中で、だいたいが生産されます。
ですから、筋トレをする限りは、乳酸はどうしても作られてしまうのです。
それはどうしても防ぐことは出来ません。

 

そのために、いかに乳酸を早く取り除くかが課題になってきます。

 

それでは、乳酸を取り除く方法を具体的に挙げてみました。

 

〇クエン酸を摂取する
乳酸の量を少なくするために役立ってくれるのがクエン酸です。
有酸素運動の時に使われているクエン酸の回路を利用することで、別の物質にチェンジすることが可能なのです。

 

〇マッサージ
筋肉をマッサージすることで、血の流れを促して、乳酸を素早く肝臓に送ることが出来ます。

 

〇十分な睡眠
筋肉がリラックスすると、乳酸は外へ出やすくなります。

 

〇軽い運動
筋トレ後にクールダウンする程度に、軽い運動することで、乳酸をその動きの流れで排出することが出来ます。

 

ここで、大事なことは、筋トレなどの無酸素運動は、体の基礎代謝を大きくして、太りにくい体作りに役立っています。
それは、いわば、ダイエットしている人にとっては、最強の味方となるものです。

 

ですから、筋トレする人にとっては、乳酸は要らない存在ですよね。
上記に挙げた方法で、乳酸を効率的に排除する必要がありそうですね。