MENU

金剛筋シャツのサイズに迷ったら、こちらを選べ!

金剛筋シャツのサイズは、MとLというシンプルな2種類のものしか存在していません。

 

それぞれのサイズで主に推奨される体型としては、まずMの方が身長160cmから175cmほどの人、そして胸囲は95cm以下の人が該当します。

 

一方でLの方では、身長が170cmから185cm程度で、胸囲は95cm以上の人が該当します。

 

 

こう聞くと随分と限られた人にしか着用できないのではと思います。
ですが、実際はどのような体格や体型をしている人でもしっかりと着ることができます。

 

金剛筋シャツは、非常に伸縮性のある素材で作られているため、生地の融通が利きやすく人を選ばないことが魅力の1つです。

 

そのため、仮に極端にお腹が出ていたり酷い猫背であったりしても、しっかりとフィット感を感じながら愛用し続けることが可能なわけです。

 

 

注意をしなければいけないのは、金剛筋シャツは加圧シャツであるということです。

 

身体に一定の圧力を掛けることを目的にしていますので、ゆったりと着用できるものではありません。

 

一般的な感覚と同じようにMやLというサイズをイメージしてしまうと、きっと現物を見たときにその小ささに驚くことでしょう。

 

 

もしも、MとLのどちらを買えばいいのか分からないときには、できるだけ自分にとって窮屈になるようなサイズを選ぶと確実です。

 

たとえば身長175cmの人ならMもLも両方着ることはできますが、Mの方が締め付け感を得やすく加圧という目的を達成しやすいと言えます。

 

安易にLの方を購入してしまい緩い着方しかできないようだと、本来の金剛筋シャツの役割が全く果たせないわけです。

 

迷ったり分からないときには、一先ず小さいMの方を選んでみてください。
ただし、普段より小さいサイズを選ぶと、着ることができない可能性もあります。

 

普段のサイズより小さいサイズは選ばないようにしましょう。

 

 

また、加圧シャツは決してダイエットなどのためだけに用いられるものではありません。

 

姿勢の矯正にも効果がありますので、痩せ型の人にもちゃんとフィットしてくれます。

 

高身長だけれど痩せているという人は、Mの方を購入しましょう。

 

やや寸足らずになる可能性はありますが、その方がきちんと加圧をしてくれ悪い姿勢を直してくれるでしょう。

 

基本的に体型ではなく姿勢を正す目的で購入する人は、LよりもMを重視しておきましょう。

 

 

以上のように金剛筋シャツのサイズは決して幅広くはありませんが、誰でも着用可能でかつ一定の効果を期待できるのです。

 

体重が重いからだとか、太っているからということも気にする必要はありませんので、覚えておいてください。